ようこそ♪ 

プロフィール 

RCCJunky

Author:RCCJunky
ハンドルネーム てら 
1968年式です。

RC Rock Crawlingの事を
気ままに綴っていこうと
思っています。

Axialの大ファンです♪

最近の記事 

最近のコメント 

カテゴリー 

月別アーカイブ 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

ウエイト・・・

0032


昨日はビールを飲んでしまったからと言い訳してすんません(^-^;

さて、今日はウエイトについて書いてみたいと思います。

今まで使っていたLosiですが、片側100gのウエイトを入れてました。
ホイールはキット付属のノーマルです。
で、登りばかり挑戦していてあまり下りはやらなかったのですが、
トライアルをやっていたとき、登ったら下りろが掟でして(笑)
下りも挑戦してみましたが、どうも前転してしまい下れません。
まぁけっこうな斜面なのでこんなもんなのかな?
とも思いましたが、最近メカ類がすべてホーシングに載ったこともあり
フロントヘビー過ぎるのだとウエイトを減らす方向でセッティング始めました。

今回のセッティングですが、Losiは確かタイヤ、インナーで1本105gぐらい
あったような気がします。ごめんなさい。定かではありません・・・
純正のホイールは単体(ロックリング、固定ネジ含む)40gくらいなので
ウエイトを60gずつ入れて、1本あたり205gにしてみました。
それでもフロント2本で410gもあります(^-^;

あっ リアにはウエイト入れてません。

走らせた感じは、確かにトラクションがかかりにくいような気がしますが
けっこうな急斜面も登ります。さすがにここの下りは無理でした(^-^;

特に問題ないようなので、次回はもう少し抜いていこうと思います。



今回テストしたIMEXの2.2" ルビコン クローラータイヤ (ソフト)ですが、
実はこのタイヤLosiより1本あたり30g重いです。
そりゃデカイし太いし重くてもしかたないだろうとも思いますが
その重量を考慮してウエイトを更に減らしてセットしてみました。
ウエイトは片側25gで、組み込み状態で1本200gです。
ちなみにホイールはAX-10 RTRに付属しているのと同じエイトホールです。

先ほどのLosiと比較するとリアに30gずつ、計60gのウエイトを入れているのと
同じ事になりますが、走らせた感じとしてはルビコンの方が
バランスが良いような気がします。下りの安定感が全然違うので・・・
現場でホイールの内側に10gずつウエイトを追加して試しましたが、
登りもあまり変わらないような気がしました。

もしかしてタイヤのおかげでリアが少し重くなった、フロントにメカが全部載った
の諸々あるのでウエイトはもう少し抜いても良いかもしれませんね。
だとすると無駄は省け!なので次回もう少し抜いてテストしてみようと思います。

さて、タイヤが重くなったので重量も増したのか?
と思ってちょっと量ってみました。

日曜日に走らせに行った仕様で
走行可能な状態、バッテリー、ボディーなどすべて含む1815gです。

だいぶ目標の1700g台に近づいてきたような・・・
しかしオグさんの1654gとか見ちゃうと驚きますね(^-^;

0035



2008/06/09 20:30|AX10TB:0コメントを見る&書く:0
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://rccrawling.blog19.fc2.com/tb.php/17-199f5c42

カレンダー 

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

twitteやってますが・・・ 

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

何に使うか検討中・・・
ブログ更新したときにでもつぶやく?

TEAM ラジクロ遠征その他予定 

  

EVENT 

メールフォーム ★質問、連絡など★ 

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク 

このブログをリンクに追加する

YouTube動画チェックはこちらから 

ブログ内検索 

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。